フランス菓子 ガトー・ド・ボワ *GATEAU DES BOIS*

***GATEAU DES BOIS(ガドー・ド・ボワ)スイーツコレクション***

クグロフ ポワール デピス
Kouglof Poires d'epices
~2015年11月の旅するお菓子~      [今月のお菓子]

クグロフ ポワール デピス<br />Kouglof	Poires d'epices<br />~2015年11月の旅するお菓子~

アニスとシナモンが香る生地にリンゴのコンポート、洋ナシのセミドライを混ぜ込み、
酸味のアクセントにフランボワーズのジャムをしのばせて焼き上げました。

¥1,900(本体価格)+税


◆リンゴ◆
リンゴはフランス語で「ポム(pomme)」といいますが、フランス語の元となるラテン語では果物のことをpomumといいます。「果物といえばリンゴでしょう!」というくらい、人々にとってリンゴが一般的だったことがうかがわれますね。
エデンの園でアダムとイブが食べたのはリンゴとされていますよね。ラテン語ではリンゴのことをmalumといいますが、旧約聖書の「創世記」では、「善悪の知識の木の実を食べた」とあり、悪を表す言葉もmalumだったことから、リンゴと意味を取り違えてしまったと言われています。そもそも、「創世記」の舞台であるメソポタミア地方では当時リンゴは栽培されていなかったそうです。
本当はイチジクだったとか、アプリコットだったとか諸説ありますが、でもやっぱり、「アダムとイブはリンゴを食べた」が一般的です。
手前のページに戻る

季節、お店によって、お取扱いの無いものもございます。あらかじめご了承下さいませ。

ページのトップへ