• バックナンバー
 
2021-10
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ
◆◇◆焼き菓子たくさん焼いています!(2021/10/04)◆◇◆

秋が短くなってきた日本ですが、‍
10月に入ると秋らしい気候になってきますね。‍
台風も心配ですが、秋空を見上げたり、ふっと飛んでくるトンボを見つけたり、‍
小さな秋を楽しみたいですね😃🙋🏼‍♂‍‍

いよいよお菓子のおいしい季節ですね❗️‍
ラボでは、焼き菓子の仕込みが続いています💪😄‍



今月の旅するお菓子のクグロフ型で焼いたケーク、‍
オンラインショップでもお買い求めいただけるケークなどなど…‍


「ケーク オ フランボエ キャラメル」‍
フランボワーズのキャラメルを混ぜ込んだほろ苦い生地に‍
フリーズドライのフランボワーズを混ぜ合わせています。


「ケーク オ マロン エ ノワ」‍
マロンクリームとはちみつ入りのしっとりとした生地に‍
シロップ漬けの栗と渋皮付の栗、くるみを加えています。‍


「ケーク オ ショコラ エ フィグ」‍
チョコレートの生地に細かく刻んだセミドライのイチジクと‍
食感と風味のポイントにくるみのパウダーを加えています。


こちらでは「プチ フール セック」のクッキーの仕込みです!‍
「ノワ ド ココ」の生地をカットしています。‍
大量の生地をきれいにカットできる頼もしい相棒です😁‍


明筒に入ったクッキーのシリーズ、「アマンド」の仕込み。‍
ほんのりシナモン香るビターなココア生地にアーモンドスライスが‍
たっぷり入った、固めの食感が人気のクッキーです。‍


美しい焼き色の「ガレット ナンテ」。‍
フランス・ロワール地方ナントの伝統菓子で‍
バターの香り豊か、サクッと素朴なクッキーです。‍

ご紹介した透明筒に入ったクッキー『アマンド』は店頭にて、‍
ケーク、プチ フール セックは‍
オンラインショップからもご購入いただけます。‍
ぜひご利用くださいませ。‍

*オンラインショップはこちら


バレンタインのショコラの試作も始まっています。‍
また次回ご紹介いたします!‍
どうぞお楽しみに😊‍


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦
2021-10
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ
秋も深まってきました🍎◆◇◆(2021/10/15)◆◇◆

今年も、山形県東根市の飯田さんから、
紅玉が届く季節が近づきました。

飯田さんから現地からの貴重な写真をいただきました!
この綺麗な紅色👍👏👌🍎🍎🍎🍎🍎
まさしく紅玉です❗️❗️🍎🍎🍎🍎🍎


「実りの秋」ですね❣️

そして、今月の旅するお菓子「ケーク オ パタート ドゥース」は
サツマイモ、紫芋を使ったクグロフです。
お召し上がりになりましたか?


このクグロフは「しょ~吉くん」こと福嶋翔希が作りました👍


自家製のサツマイモペーストを作って生地に混ぜ合わせ、
よい感じに食感が残るように蒸したサツマイモの角切りを加えて
ほっくりと焼き上げました。
ラム酒がほのかに香る、素朴なケークに仕上がっています!

素朴さとは裏腹に斬新な仕上がり😁😄😱
この美しいパープルのグラス・ア・ローを見てください!
グラス・ア・ローに紫芋を混ぜるという新しい試み❗️
今までにはないおもしろさを感じました👍😄😁😃


こういう新しい挑戦、今までにないおもしろさ、
そういう感動が、私にまたパワーを与えてくれるんです🥺✨💪
嬉しいですね😊


さて、バレンタイン用のショコラの試作も進んでいます👌
テーマは「奈良の素材」❗️
京都の宇治茶と並ぶ高級茶「大和茶」を使って
ボンボンショコラやタルトレットショコラを試作しています👍😃


緑茶、ほうじ茶、玄米茶、それから古代米を
ガナッシュベースやプラリネベースと合わせて試作中です😄


コロナ禍で、あらためて故郷・奈良を再認識して
平城宮へも何度か通う中で、地元への思いが高まってきました。
ここ数年、ありがたいことに奈良の生産者さんと関わる機会をいただき、
素晴らしいものがたくさんあることを、あらためて知りました。

その感動が一つ一つカタチとなって
皆様にお届けできることがとても嬉しくて
ワクワクしています❗️🎶


ご紹介したしょ〜吉くんの紫芋のクグロフ、
オンラインショップからご購入いただけます。
ぜひお召し上がりください!

*オンラインショップはこちら


緊急事態宣言が解除されて、少しでも穏やかな秋を過ごせるといいですね。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
皆様のご来店をお待ちしております。


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦
オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ