2020-3
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ
◆◇◆桃の節句、そしてホワイトデー!(2020/03/01) ◆◇◆
3月、今年は春は駆け足でやってきそうです。
しかし、コロナウイルス感染や肺炎発症の連日のニュースに、
不安な毎日をお過ごしのことと思います。
小さなお子さんやご年配の方がいらっしゃるご家庭では、
どんなに用心しても、心配事が尽きないことでしょう。
発症された方の1日も早いご回復とともに
皆様のご健康を心よりお祈りしております。

学校にも行けず、出かけることもお友達と遊ぶことも
少なくなっているお子さんたち、
3月3日の桃の節句には、せめて美味しいお菓子で
楽しいひと時を過ごしていただければと思います。
ご家族皆さんで春の訪れを感じていただければ嬉しいです。

そして、続くホワイトデー、
バレンタインデーに引き続き、多彩なチョコレートを取り揃えています。
バレンタインデーで完売いたしました「オランジェット」の他、
人気の「バルケットショコラ」はホワイトデー限定にリニューアル!
どうぞお楽しみに!

おすすめは、
産地によって異なる味わいの違いに素材を合わせた「ケーク カカオ」
マダガスカル産ショコラ×アマレナチェリー、ヴェネズエラ産ショコラ×マロン、
エクアドル産ショコラ×イチヂク、ガーナ産ショコラ×マイヤーレモン、
4つのチョコレートの違い、マリアージュの妙をお楽しみください。





さて、ここからは昨年の北海道旅行のつづきです!
「JA浜中町酪農技術センター」の後、
「タカナシ乳業北海道工場」に向かいました。


タカナシ乳業北海道工場には、浜中町で生産される生乳が集められ、
牛乳や生クリーム、バター、チーズの原料となり、
出荷される製品は釧路港など道内の港からフェリーにのって
国内のタカナシ乳業の工場や、消費者の皆さんへと届けられるそうです。

大変になじみの深いタカナシの乳製品、
やはり工場を訪れるとなるとワクワクします!


工場の概要のご説明をいただいたあと、
工場内の設備、製造工程を見学しました。
最新最高の技術を備えたラインを目の当たりにし、
みな興奮気味です。


生クリーム、出来立てのバターやチーズなどなど
たくさん試食させていただきました!
どれも、最高に美味しかった〜!!
この乳製品のポテンシャルを最大限に引き出し、
美味しいお菓子をつくっていきたいと
あらためて思いました。

「タカナシ乳業北海道工場」の皆様
ありがとうございました!


*「タカナシ乳業」酪農へのこだわり
https://www.takanashi-milk.co.jp/kodawari.html
ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦
2020-3
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ
◆◇◆ホワイトデーありがとうございました!(2020/03/17) ◆◇◆
新型コロナウイルス感染により罹患された皆様のご回復と、
仕事や日常生活に大きな支障を生じご苦労されている皆様が
一日も早く平穏を取り戻されますことを心より願っております。
どうぞお大事にお過ごしください。

そんな中、ホワイトデーにボワの商品をお選びくださった皆様、
お店や百貨店まで足をお運びくださった皆様、
本当にありがとうございました!
不安な毎日の中で、ボワのチョコレートやお菓子が
ひと時の幸せをお届けできましたなら嬉しいです!

卒業式や謝恩会の中止で生花の需要が落ち込んでいると聞きました。
こういう時だからこそ、ほんの一輪でも美しい花を飾ったり、
おいしいお菓子でお茶の時間を楽しんだり、
少しでもほっとする時間を過ごしていただけたらと思います。

さて、今回は昨年訪れた北海道旅行レポの最終回!
最後に厚岸(アッケシ)町に向かいました。





お土産に牡蠣を買いました!
厚岸は牡蠣の名産地で、日本国内で唯一、一年中牡蠣が出荷されています。
ここの牡蠣はふっくらとしていて身の締まりがよく、
甘みが強くて濃厚な味わいが特徴です。
厚岸湖と直結する厚岸海岸、淡水と海水が混じり合うことにより、
山と海の養分をたっぷりと取り込んで、おいしい牡蠣が育つのだそうです。



シンゴこと中野心悟との楽しい時間はあとわずか、
ラーメンを食べて釧路空港に向かい、
またの再会を約束して、お互いの帰路に着きました!
楽しい旅でした!




シンゴ、マッチ、しょーきと4人で収穫の多い旅ができて本当によかった!
シンゴ、ありがとう!また会いましょう!



*厚岸町の観光
https://www.akkeshi-town.jp/kanko/

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦
オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ