2019-9
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ
◆◇◆佐藤均シェフに講習をしていただきました!(2019/09/01) ◆◇◆
7月末、日本洋菓子協会連合会公認技術指導委員、
東京・神田の「シュークリー」の佐藤均シェフに、
奈良県洋菓子協会の講習会の講師を務めていただきました。




佐藤シェフは、1961年生まれ、私より2歳年上の先輩です。
軽井沢万平ホテルで料理人からスタートされて
銀座「和光ケーキショップ ルショワ」のオープニングスタッフを務めた後渡欧、
ベルギーの「パティスリー・ダム」、ルクサンブルグの「オーバーワイス」、
フランスでは「モーデュイ」や「フレッソン」などで修業されました。
帰国後、東京・八王子の「ル・フォワイエ」のシェフを務められ、
1998年、東京・江戸川に自店の「ドゥーシュークル」をオープン、
現在は千代田区神田に移られ、「シュークリー」として経営されています。





私を含めて、うちのスタッフで全面的にサポートさせていただきました!
シュー生地、ロール生地、サブレ生地、スフレ生地、ケークなど生地中心、
いずれもとても美味しいお菓子ばかりでした。
久しぶりに講習会で窯(焼き)を務めさせていただきました!



奇をてらわない、佐藤シェフの穏やかな人柄がよく表れている、
とても勉強になる講習会でした!
作り方の違う2種類のクレーム・オ・ブールをブレンドしたり、
クレーム・キャラメルのアパレイユの上にスフレ・フロマージュの生地を浮かせて
湯煎で焼き上げるオリジナルのプリンなど、
基本の生地を大切にしながら
オリジナリティーを出されているところがとても勉強になりました!

佐藤シェフ、ありがとうございました!
また東京でお会いしましょう!

皆さんのシェフへの敬愛の心が伝わってくる素晴らしいパーティーでした!
声をかけてくださいました島田会長に感謝です!
ありがとうございました!

9月に入っても30℃を超える毎日ですが、
朝晩の風に秋らしい気配を感じますね。
収穫期を迎える農作物に
台風が被害を与えないことを祈りつつ・・・

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦
2019-9
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ
◆◇◆嬉しい再会です!(2019/09/15) ◆◇◆

今回と次回、夏休みの写真レポートをアップいたします!

今回は、愛知県蒲郡市の地元の皆さんに愛されて67年の老舗洋菓子店、
「ガトウ福寿軒」さんにお邪魔して来ました!




現在の3代目オーナーシェフ多賀公昭くん、
実は25年ほど前、ボワで修業していた子なんです!
ター坊、あれからもう四半世紀も経ってしまったなあ〜〜〜!



あの頃はちょうど、
奈良の富雄「パティスリー エメラ」のオーナーシェフ藤原直樹くんもいて
二人とも本当に頑張ってくれていました。懐かしい時代です!





お菓子を見せてもらうと、
蒲郡の、地元ならではの素材を上手く使っているな と感心しました!
お菓子の種類も豊富で、しっかり仕事をしている彼を見て、
自分もまだまだ頑張らないと と感じました。
地方ならではの苦労談など、気がつけば2時間近く話し込んでいました。
仕事の手を止めさせてしまい、申し訳ないと思いつつ、
楽しい時間を胸に帰路につきました!

うちを出た子たちがいろいろなところで、
それぞれのスタイルで頑張っているのを見ると、嬉しいものです😂
自分もまだまだ頑張ります!

ター坊、突然だったけど会えて良かった!ありがとう😊
お互い頑張って行きましょう!


「ガトウ福寿軒」

夏休み写真レポート、次回は長野の蓼科高原への旅です!
どうぞお楽しみに😊 ちょっとだけ先出し!




—————————————————————-
相次ぐ台風に被災された皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
東日本を襲った台風では長く停電が続き、
猛暑の過酷な環境の中、命の危険と背中合わせの片付けの日々、
大変なご苦労をされていることと思います。
1日も早く日常の生活を取り戻せますように
スタッフ一同、お祈り申し上げます。
—————————————————————-

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦
オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ