« 2018年10月15日 | メイン | ◆◇◆創業祭御礼・紅玉で作るタルト タタン「ヴェルジュ ノルマン」(2018/11/15) ◆◇◆ »

2018年11月1日

◆◇◆奈良の夏いちごと山形の紅玉りんご!(2018/11/01) ◆◇◆

奈良 天川村 洞川町へ夏いちごの見学に行って来ました!
標高800メートルの奈良県吉野郡天川村洞川町(どろがわまち)、
夏でも涼しく、夏いちごを育てるには絶好の環境と言えます。






害虫に強く、病気になりにくい高床式栽培で
4種類のいちご品種を栽培されていました!

国産のいちごの多くは冬から春に収穫され、
夏いちごの収穫量は全体のわずか2%ほどにすぎません。
夏にも涼しく、水のきれいな
標高700〜800メートル以上の土地でしか栽培できないからです。
天川村はまさにその条件に当てはまります。
村をあげて夏いちごを特産にしようと尽力されています。

洞川町でも、ハウスの面積を4倍に増やされて、
いよいよ来年の夏には本格稼動するようです。
夏に国産の、しかも奈良いちごが採れるのは、
とてもとても楽しみで、嬉しいことです!!


天川村は、みたらい渓谷でのキャンプがよく知られていて
パワースポットとしても有名なところ。
大峰山は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の修験の山、
ふもとには天河大弁財天社があります。
ぜひお近くにお越しの際には寄られてはいかがでしょうか。

さて、もう一つ、
今年も山形の飯田さんちの紅玉りんごが届きましたよ!
酸味があり、身がしまっていてとてもいい紅玉。
飯田さん、豪雨に台風に大荒れだった夏を乗り越えて、
素晴らしい紅玉をありがとうございました!

その紅玉りんごをスライスし、溢れんばかりに盛り付けてじっくりと焼き上げた「タルト ノルマンド」。
クレーム ダマンドと共に焼くと最高、味わい深いです!


他にも、数年前から真空調理でフレッシュの紅玉りんごや洋梨を
自家製コンポートにしています。
これを使ってショーソンを焼いたり、ミルフィーユにしたり、
ムース ショコラやキャラメルのバヴァロワに入れたりと、
季節のお菓子にどんどん姿を変えてお目見えします!
どうぞお楽しみに!

皆さまのお越しをお待ちしております。

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

About

2018年11月01日 00:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2018年10月15日」です。

次の投稿は「◆◇◆創業祭御礼・紅玉で作るタルト タタン「ヴェルジュ ノルマン」(2018/11/15) ◆◇◆」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34