« 2018年10月1日 | メイン | 2018年11月1日 »

2018年10月15日

◆◇◆アペリティフ in 京都 2018(2018/10/15) ◆◇◆

9月28日、アンスティチュ・フランセ関西(旧関西日仏学館)にて
「C’est bon ! おいしいフランス~アペリティフ in 京都」が
開催されました。

アペリティフは、食事の前にお酒や飲み物、アミューズでおしゃべりを楽しむ
フランスの習慣のことで、これを広めようと、
フランス農水省は2004年から毎年6月第一木曜を「アペリティフの日」として
世界に向けてアピール、2005年には記念日として登録されました。
http://www.franceshoku.com/aperitif/

関西のフランス料理やフランス菓子に携わるプロフェッショナルが集い、
食事前に飲みものとおつまみを楽しむアペリティフの習慣をアピール、
フランスの美味しいアペリティフを多くの皆様と楽しもう!
というイベントです。


フランス菓子では6店が出店しました。
京都からは3店。

まずは、今年初めて出てくれた垣本くん!
(「アッサンブラージュ カキモト」垣本 晃宏シェフ)
大人気であっという間に売り切れでした!

そして、「パティスリー エキュバランス」山岸 修シェフ。

全 美乃シェフの「ラ パンセ」

大阪から、門前 有シェフの「シャルル フレーデル」

奈良からは2店。
髙木 基弘シェフの「ルシェルシュ」

そして、「ガトー・ド・ボワ」!


京都ブランドが中心になりつつあるアペリティフ
来年も京都の新規ブランドに出店をお願いしようと思っています!

ワインやシャンパン、カクテルに、アミューズ・ブーシェ、そしてお菓子、
お客様もきっとご満足いただけたことと思っております!
我々も、本当に楽しいイベントです。
まだ参加されていない方は、次回の「アペリティフの日」、
フランスの食の幸せ、贅沢なひと時を、
ぜひ満喫しにいらしてください!

最後になりましたが、
このイベントを運営していただいた関係者の皆様、
本当にありがとうございました。お疲れ様でした!


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

About

2018年10月17日 12:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2018年10月1日」です。

次の投稿は「2018年11月1日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34