2017-10
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆創業祭のご案内とカボチャを使ったケーキ(2017/10/01) ◆◇◆

秋らしい気持ちのいい気候になってきましたね!
10月14日(土)、15日(日)の2日間、
本店にて「創業祭」を開催します。

20170915_35th.jpg

昨年は「紅の夢」という希少な品種の林檎を使った焼き菓子1点を
先着順でプレゼントいたしました。
今年もささやかではありますが、焼き菓子をご用意しています。

普段はお出ししていない商品も、創業祭に合わせてご用意しております。
何が並ぶかは、当日のお楽しみ!
もちろん、ポイントカードのポイント2倍!
日頃の感謝の気持ちを込めて、秋の休日の楽しいイベントとなりますよう、
スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。


さて、前回の栗に続いて秋の味覚シリーズ、今回は「カボチャ」です。

10月はいまや街中がハロウィン!
カボチャのお菓子も、以前と比べて本当に増えましたよね!
ボワでも、今月のお菓子、旅するお菓子、両方で、カボチャを使っています。

もう1品、
カボチャを使ったお菓子「リ オ レ ポティロン」をご紹介しましょう。

フランスではポピュラーなお米を使ったデザート「リ オ レ」をアレンジしました。
バニラで煮たカボチャの角切りが入った濃厚なカボチャのブリュレに、
ビターアーモンドのオードヴィーで香り付けをしたリ オ レ(お米のバヴァロワ)、
甘さ控えめの生クリームが層になっています。
洋菓子の定番素材であるフルーツやチョコレートとはまた違った、
優しい甘さの広がるケーキです。

「リ オ レ」は、ミルク粥に近い硬さにするのが一般的ですが、
あえて、お米の食感は残しながら、バヴァロワの硬さに近づけています。

ポイントはお米の炊き方。
適度な硬さを残しつつ、ふっくらと炊き上げることで、
米独特の食感を感じさせながら、バヴァロアのなめらかさ、柔らかさを損なわず、
一つのお菓子として違和感のないようまとめています。
カボチャとの相性もよく、いいバランスに仕上がりました。

お米のケーキを食べたことのない方にもお楽しみいただきたい一品です。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
皆様のご来店をお待ちしております。


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦


オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ