2017-9
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ伝統菓子講習会(2017/09/01) ◆◇◆

毎年恒例のクラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ伝統菓子講習会、
7月27日(木)にイワセ・エスタ大阪で開催されました。

昨年度、第14回ガレット・デ・ロワコンテスト優勝の
「ダロワイヨ ジャポン」の持永定治シェフが「 ガレット・デ・ロワ」を、
「ミラヴェイユ」妻鹿祐介シェフが「タルトキャラメルショコラ」、
「ルシェルシュ」高木基弘シェフが「アンサンブル」と「ギモーブ梅」、
東京からは、
「パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ」の藤生義治シェフが「クリスタルキュンメル」、
「パリセヴェイユ」金子美明シェフが「ボンブ・オ・マロン」で締めくくりました。

各シェフたちのスタッフが加わり、総勢25名超のスタッフと
熱心にシェフたちのデモを見つめ、話に聞き入る80名を超えるお客様、
熱い1日となりました!


持永シェフ「 ガレット・デ・ロワ」


妻鹿シェフ「タルトキャラメルショコラ」



高木シェフが「アンサンブル」「ギモーブ梅」


藤生シェフが「クリスタルキュンメル」


金子シェフが「ボンブ・オ・マロン」

私は「ヌガーグラッセ」を、
「パティスリーKURI」の栗原栄徳シェフは「シュス」を
「ブーランジェリーレコルト」の松尾裕生シェフは「パン オ フロマージュ」を
それぞれ提供いたしました。

関西でも、若い世代のシェフたちが頑張ってくれていて
クラブの意思を継いでくれています。
彼らが十分にその力と個性を発揮できるよう、
これからもしっかりと支えていきたいと思います!

会場を提供くださったイワセエスタさんをはじめ、
例年に増して多くの協賛をいただきました。
ご協力くださいました各社、ご担当者に心より御礼申しあげます。
ありがとうございました!


不安的な天候が続いていますね。
豪雨、雷に加えて、関東ではヒョウが降ったり。
そして、これからは台風の季節です。
すでに被災された地域の皆様、くれぐれもお大事になさってください。

温暖化のツケが、このような形で現れているのだとしたら、
これからでも、私たち一人一人にできることは何かと考えて
行動に移していかないといけない…。
考えさせられる夏となりました。

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2017-9
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆マルメゾンOB会と栗を使ったケーキ(2017/09/15) ◆◇◆

恒例のマルメゾン OB 会が、9月4日に開催されました!
今年は「創作ふらんす菓子 NAO」の須藤 尚シェフと
日仏商事の平松早苗さんがデモをしてくれました!

売れ筋のロールケーキから、
最先端のテクニックで作ったボンボンショコラまで、
いつもながらとても勉強になる講習会でした!





同じDNAを持つ、さまざまな世代の、
さまざまな地域で活躍される皆さんとの交流は貴重な機会。
皆さん、これからの繁忙期、頑張りましょう!


さて、いよいよ栗の季節がやってきました。

秋冬のケーキの中でも断トツの人気を誇る「モンブラン ジャポネ」、
産地を限定のこだわりの和栗を使っています。

しかし、昨今の天災・悪天候の影響により十分な数の確保が難しく、
例年に比べると用意できる数が非常に限られています。
開店後早い時間帯での売り切れも予想されます。

大変申し訳ございませんが、
「モンブラン ジャポネ」に限りご予約やお取り置きはいたしかねます。
ご了承ください。
安定した生産の見通しが立ちましたらあらためてお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。


他にも栗を使用したケーキが続々登場いたします!
「タルトマロン」「シャテーニュ」「ル シャタン」「デイジョン」
9月中旬より順次ショーケースに並びます。
どうぞお楽しみに!

「タルトマロン」

「シャテーニュ」

「ル シャタン」

「デイジョン」


日本各地で天候不良による農産物の不作が報告されています。
生産者の皆様の無念を心で感じつつ、
大切に届けていただいた素材からよりおいしいお菓子を作って
お客様にお届けしたいと思います。

被害にあわれた全ての皆様に
重ねて心よりお見舞いを申し上げます。

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ