2013-12
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆いよいよ12月!(2013/12/1) ◆◇◆

ボワのラボでもクリスマスに向けての準備にかかっていきます。
サンタクロースともども、
クリスマスに幸せをお届けするのが我々パティシエです!

おすすめは今年の新作の2品です。

「プログレ・シトロン」

シナモンのムースにノワゼット風味のムース・ショコラを合わせ、
クレーム・シトロンの酸味とプラムでアクセントをつけました!
流れ星が飛ぶ宇宙をイメージして仕上げました★
願い事を思い浮かべて召し上がっていただけると、
願いが叶うかもしれません!


「ヴェール・カシス」

カシスとショコラのコラボレーションに、
濃厚なピスタチオのバヴァロワを合わせて、
口どけ良く仕上げた自信作です!
クリスマスカラーの赤と緑、
フランスのアンティックな唐草模様の真っ赤ショコラで
少しエレガントに仕上げました。

ウエブからもご予約を承ります。
http://www.gateau-des-bois.com/events_xmas13.html
皆様のご予約を心よりお待ち申しあげています。

さて、少し前になりますが、
クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワとして
「パンデュース」の米山雅彦君と一緒に
香川県丸亀市で行われた伝統地方菓子とパンの講習会に行って来ました!

香川県丸亀市の(株)塩井隆商店さん主催の講習会で、
毎年クラブのメンバーが交代で勤めています。
(株)塩井隆商店さんは クラブのスポンサーでもあり、
我々の活動を良くご理解くださり、とても熱心にサポートしてくださっています。
本当にありがたく思っています。

今回は初めてのパティシエとブーランジェのコラボレーションの講習会で、
皆さんにとても喜んでいただき、
我々も本当に楽しく講習会ができました!




なにより今回の講習会の一番良かったことは、
米山君が朝から焼いたパンで お昼ご飯のサンドイッチを作ってくれたことです!
これが旨かった~!!!

米山君は素晴らしい仕事をしていて、私も本当に勉強になりました。
さすが、サマーシュの西川シェフの弟子だけあると思いました。
パティシエとブーランジェのコラボレーションで
来年も米山君と何処かへ講習会に行こうと約束をしました!
私が一番喜んでいたみたい…。

講習会を無事に終え、帰りに本場の讃岐うどんを食べて帰りました。

やっぱり本場の麺はこしがちがう!
この海老の大きさを見てください!!
とても美味しかったですよ〜!

エンジョイしすぎですね…。

塩井さん、本当にありがとうございました。
また よろしくお願いします。
うどん食べに行きます。

「パンデュース」
http://www.painduce.com/
大阪市中央区淡路町4-3-1 FOBOSビル1F  TEL:06-6205-7720

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2013-12
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆一足お先に…ショコラの試作中!(2013/12/15) ◆◇◆

街はクリスマスに向けてますます賑やかになっていますね。
ボワでもクリスマスの準備に追われています。

皆様の今年のクリスマスケーキはもう決まりましたか?
ぜひボワのクリスマスケーキをお選びくださいませ。

さて、まわりはクリスマス一色ですが、
もうバレンタインに向けてショコラの試作中です!

ボンボンの詰め合わせ、ペルル・ダルジャン、
バルケット・ショコラ、パレ・ダマンド・ショコラ…など、
一足先に、たっぷり写真レポートです!






それから、トリュフ、ムスカディーヌ、マンディアンなど
トラディショナルなショコラのアソート、
「レ ショコラ トラディショネル」!



今年も魅力的なラインナップでお届けする予定です!
商品の詳細は年が明けましてから
また、あらためてご紹介させていただきます。お楽しみに!

さて、先月のことですが、
11月13日、第11回ガレット・デ・ロワコンテストに、
うちの塩見久美子と會津正宏が、一次審査を突破して本選に出場しました!


入賞は果たせませんでしたが、
二人とも素晴らしいガレットを焼いてくれました!

本人たちはさぞ悔しかったと思いますが、
これだけのガレットが焼ける技術を身につけてくれたことを
私は、アルチザンとして、なにより誇りに思っています。
二人のさらなる前進に、心からのエールを送ります。

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2013-12
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆クリスマスの仕込み、佳境です!(2013/12/20) ◆◇◆

今年もたくさんのクリスマスケーキのご注文をいただきまして
本当にありがとうございます!

お届け日に向けて、順次仕込みがスタートしております。
クリスマスはやはりお菓子屋さんが一番華やぐ季節、
われわれパティシエも気合いが違います!

ずらりと並んだたくさんのブッシュ・ド・ノエル。
クレーム・オ・ブールの伝統的なブッシュです。
創業以来、バタークリームが敬遠されていた時代から
本当においしいバタークリームはこんなにおいしんだと
お伝えしたいという思いで作り続けています。

薪の形の由来は、前の年の薪の燃え残りをもう一度火にくべて灰にし、
その灰を火事除けのおまじないに使ったという伝承にちなんでいます。
新しい年に家族が元気に幸せに暮らせるようにという思いを込めて
薪の形になぞらえたお菓子を作るようになったと言われています

こちらは「グリオット・フランボワーズ」。
ホワイトチョコレートのムースの中には
甘酸っぱいグリオットチェリーのムースとジュレ。
赤い実とホワイトチョコの白のコンストラスト、
クリスマスを華やかに彩るケーキです。

こちらは、クリスマスケーキの上に飾る太陽の形のチョコレート。
こういったパーツは12月初め頃までに早々に仕上げておきます。
一つ一つのていねいな仕事の積み重ねで、
一台のクリスマスケーキができあがります。

その一台のクリスマスケーキを真ん中にして
食卓を囲む方々の笑顔が輝く幸せのひと時を思い浮かべながら
心を込めて仕上げていきます。

「パティシエ冥利に尽きる」
お客様の笑顔を見るたびにそう思います。
そして、今年のクリスマスも…。


素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ!

JOYEUX NOËL
メリー・クリスマス!


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ