2013-11
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆秋も深まってきました!(2013/11/1) ◆◇◆


山形県の契約農家、飯田さんからいつもの紅玉が届きました!
実がしっかりしていて酸味があり、タルトにはやっぱりこれが一番です。


今年も美味しく焼けていますよ~♪
秋の旬の味覚、ぜひお楽しみください!

さて、先日、大分県洋菓子協会さん主催の講習会で
講師を務めさせていただきました。

後藤会長(「ちひろば」後藤雅明シェフ)、
そして、副会長の若林くん(「はちみつ菓子工房Kunimi」若林等シェフ)には
大変にお世話になりました。
若林くんは「マルメゾン」の後輩で、高木(「ル・パティシエ・タカギ」高木康政シェフ)の同期。
副会長として頑張っている姿はとても頼もしく、嬉しく思いました。

な、な、なんと 三嶋さん(「フランス菓子16区」三嶋隆夫シェフ)が
わざわざ福岡から私の講習会を受けにきてくださいましたっ!
感謝感激でした!
翌日は福岡のお菓子屋さんを回らせていただき、三嶋さんにも大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

今回の講習回では、「乳製品の特長を生かしたお菓子」をテーマに
フランス伝統地方菓子を織り混ぜてメニューを作りました。

「アリヴェ・ドォートンヌ」

「ガレット・ブレッサンヌ」

「ケーク・サレ・フロマージュ」

「タルト・ショコラ・グルノーブル」

「ビスキュイ・ショコラ・ド・ナンシー」

「マルジョレーヌ・ア・マ・ファソン」

「ミュール・マダガスカル」


ご参加いただいた皆さん、とても熱心に聞いてくださり、
いい講習会をさせていただきました。


大変に楽しく、とても勉強になった九州の旅でした。
大分県洋菓子協会の皆さん 森永乳業の皆さん、大変にお世話になりました。
本当にありがとうございました。
心より御礼申しあげます。


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2013-11
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆一気に寒くなってきました!(2013/11/15) ◆◇◆


今年の秋は短く、一気に寒さがやってきましたね。
風邪も流行っているようです。
皆様、お身体お大事になさってください。

繁忙期を迎えたラボでは、
お歳暮、クリスマス、ガレット・デ・ロワ、バレンタインと、
さまざまなイベントの準備が始まっています。
今年も皆様においしいお菓子をお届けできるよう、
スタッフ一同、心を一つにしてがんばりたいと思います!

さて、今回はここまでご紹介できなかったスタッフの写真を
まとめてご紹介します。

これは、本店の製造責任者、“マッチ”こと 町田(町田靖典)の
誕生日のときに皆で撮った写真です。
ラボの製造、“平成のイソノカツオ” 佐野拓馬が、
お誕生日ケーキを担当しました!



これは、ハロウィンのときに、
“オッパイ大好き”武田(武田晴信)が作った
ハロウィンのマカロンタワーです!
トップのユーモアたっぷりの三日月が印象的で
お客様にもハロウィンの楽しさをお伝えできたと思います。


そして、リンゴを剥く新人の向(向宏樹)です。
武田から大役を引き継ぎ、がんばっています!
大量のリンゴを剥くので、リンゴ剥き機は大事な相棒。
このリンゴ剥き機、なかなかのすぐれものなんですよ。
一度剥いているところを見たら、欲しくなりますよ~。
スタッフ皆が、仲良く元気に頑張ってくれているのを見ると
本当に嬉しく、私自身も元気をもらいます。
大台に乗りましたが、頼もしいスタッフたちとともに、
今年の繁忙期も走り抜きます!
どうぞよろしくお願いいたします。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ