2013-8
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆夏のパフェ、今月がファイナルです!(2013/8/1) ◆◇◆


期間限定の夏のクープ・グラッセ(パフェ)、
6月からスタートし、今月8月がファイナルとなります。
皆さん、もう召し上がりましたか?

ラストを飾る8月のクープ・グラッセは「シシリアン」です。


酸味のあるブラッドオレンジのアイスに、
オレンジの果肉入りヨーグルト、サイダーのゼリーなどを合わせた
真夏にぴったりのパフェです!
フレッシュフルーツを散りばめて彩りも鮮やかに仕上げました。

この「シシリアン」は、
平成の磯野カツオこと佐野拓馬と、厨房1年目の横田菜摘が
試行錯誤を繰り返し作った自信作!なんです。
先輩パティシエから、いろいろアドバイスをもらいながら、
ようやく完成にこぎつけました。

フレッシュフルーツがゆらゆらゆれるサイダーゼリーや
オレンジの果肉入りヨーグルト、
サクサクのチョコがけシュトロイゼルなど、
こだわりの味を何層も重ね、遊び心のある楽しいパフェができあがりました。

ホームページや店内に飾るカードのために写真撮影。

一番美味しそうに見える角度に調整中の拓馬。

カメラマンは、マネージャーの長尾亜矢子。
写真もバッチシ!決まり、二人でピース!

二人の思いがいっぱい詰まったパフェ、
ぜひ、召し上がってください!

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2013-8
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆ クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ伝統菓子講習会(2013/8/15) ◆◇◆

8月1日、クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ伝統菓子講習会の
大阪講習会が行われました。

今年のテーマは
「Nouvelle tradition àma façon ~新たな伝承、私流のお菓子~」。
奥の深いフランス伝統菓子をシェフ独自のアレンジ方法などの実践的なアイディアと共に紹介する、
という内容で、例年に増して、好評をいただきました。


東京からは、講師として藤生シェフ(「パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ」藤生義治シェフ)、
西野さん(「メゾン・ド・プティフール」西野之朗シェフ)、
丸山くん(「ル・ガリュウ」丸山正勝シェフ)、
サポートとして紀之さん(「ノリエット」永井紀之シェフ)、解説が大森由紀子さん、
関西からは、講師として、「フランス菓子シャルル・フレーデル」の門前有シェフ、
今年入会してくれた「パティスリージェイ・エル・ムーラン」のジャン=リュック・ムーランシェフ 、
昨年度コンクール3位の「菓子工房ルーヴ」安井文崇シェフ、
サポートとして、「サ・マーシュ」の西川功晃シェフ、「モンプリュ」の林周平シェフ、
「ドゥ・ブルベ・ボレロ」の渡邊雄二シェフ、「イグレック・プリュス」の多田征二シェフ、
「パティスリー・クリ」の栗原栄徳シェフ、「ル・シェルシユ」の高木基弘シェフ、
3年前のガレットコンクールのチャンピオン、「神戸屋」の津田宜季シェフ、
そして、各シェフたちのスタッフが加わり、総勢20人を越えるスタッフで盛り上がりました!


藤生シェフの「ガトー・サンドリオン」


門前シェフの「タルト・アルザス・ペーシュ」


安田シェフの「ガレット・デ・ロワ」


今年、なにより嬉しかったのは、ジャン=リュック・ムーランが会員になってくれたことです!
一緒に関西を盛り上げていきましょう!

会場を提供くださったイワセエスタさんをはじめ、
例年に増して多くの協賛をいただきました。
ご協力くださいました各社、ご担当者に心より御礼申しあげます。
ありがとうございました!


記録的な猛暑に局地的なゲリラ豪雨、厳しい夏はまだ続きそうですね。
皆様もお身体くれぐれもご自愛ください!

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ