2013-6
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆いよいよ、夏のパフェ始まる!(2013/6/1) ◆◇◆

パフェ(クープ・グラッセ)の季節がやってきました!
2005年からスタートした夏季限定の夏のパフェ、
毎年始まるのを楽しみにしてくださっているお客様も増えて、
私たちも、「今年は何にするか?」と、ワクワクしながら考えました。
こういうふうに、季節ごとに愛されるアイテムが育っていくのも
グランメゾンを目指す私にとっては、嬉しい限りです。

定番のパフェは「ショコラ」と「ジャポネ」。
今年は、昨年とはまた違った構成で、味の組み合わせに変化をつけています。
特に、「ジャポネ」は、古都・奈良にあるパティスリーであることを意識し、
フランス菓子の技法と、日本の素材と伝統的な甘味(かんみ)を融合させた
ボワならではのパフェです。

今月のパフェ、オープニングを飾るのは「セシル」。
九州地方は、もう梅雨入りですが、
うっとうしい季節に、少しでも清涼感をお届けしたいと思い、作り上げました。
1カ月の期間限定パフェですので、
ぜひ、お召し上がりくださいますようお願いいたします。

「ショコラ」
  ショコラのアイスクリームにコーヒーゼリー合わせて、
甘味にほろ苦さをプラスした、大人の方に楽しんでいただけるチョコパフェです。
上には、プラリネをはさんだダコワーズをのせて
ボリュームいっぱいに仕上げています。


「ジャポネ」
  香りと食感がポイントの和風パフェです。
抹茶のアイスクリームに、
ほうじ茶のブラマンジェとシュトロイゼル・セザム・サレ(塩味のゴマクッキー)を
合わせました。上にはきなこ団子をのせて、贅沢に仕上げました。

今月のクープ・グラッセ「セシル」
  グレープフルーツやオレンジ、レモンなど柑橘系のフルーツに
ショコラを組み合わせました。
果物のさわやかな香りとショコラの濃厚さを融合させた、
今までにない、新たな美味しさを発見できるパフェです。

パフェのグラスの中に、さまざまな素材を組み合わせて味を組み立てていき、
一つの世界を表現するおもしろさ。
グラス越しに見えるカラフルな色のコントラスト、素材と素材が描く模様も
楽しんでいただきながら、食べ終わったときに、
「おいしかった~! 楽しかった~!」と感じていただけたらと思います。

大人の方も、童心に戻って、召し上がってみてください。
皆様のお越しを心よりお待ち申しあげております。

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2013-6
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆楽しいイベントが続いています! (2013/6/15) ◆◇◆

6月6日は、フランス食品振興会(SOPEXA)主催の
「アペリティフの日 in 京都」に、
クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワの関西メンバーが集まりました
http://aperitif.jp/kyoto.html

「オ・グルニエ・ドール」の西原さん(西原金蔵シェフ)、
「サ・マーシュ」の西川くん(西川功晃シェフ)、
「ドゥ・ブルベ・ボレロ」の渡邊くん(渡邊雄二シェフ)、
「イグレック・プリュス」の多田くん(多田征二シェフ)、
「シャルル・フレーデル」の門前くん( 門前有シェフ)、
「パティスリー・クリ」の栗原くん( 栗原栄徳シェフ)、
そして、今年、新しくメンバーに加わった、
「パティスリー・J・L・ムーラン」のジャン・リュック・ムーランさん、
あと、本人は来れなかったけれど、
「ショコラティエ・ラ・ピエール・ブランシュ」の白岩くん(白岩忠志シェフ)、
それから私、そして、それぞれのお店の若いスタッフたち、
うちからは塩ちゃん(塩見久美子)とマッチ(町田靖典)が参加して、
総勢15人ほどで、楽しく盛り上がってきました。

ヴェリーヌやタルト、焼き菓子、ショコラなど18種類のお菓子を振る舞いました。
アンスティチュ・フランセ関西に集まった1000人近いお客様、
皆さん喜んでくださり、今年も大盛況でした!

アペリティフは、食事の前にお酒や飲み物、アミューズでおしゃべりを楽しむ
フランスの習慣のことで、これを広めようと、
フランス農水省は2004年から毎年6月第一木曜を「アペリティフの日」として
世界に向けてアピール、2005年には記念日として登録されました
http://www.franceshoku.com/aperitif/

まだ日本人には馴染みのないイベントですが、
ぜひ、皆さんも、この日は行きつけのお店で、
また、自宅においしい食べ物や飲み物を用意して、
親しい方たちと楽しむ時間を持っていただけたらと思います。


そしてもう一つ、とても楽しいイベント?がありました!

6月12日、奈良県洋菓子協会講習会の講師を
マッチャンこと「名古屋マリオットアソシアホテル」の松島義典シェフが
務めてくださいました。


皆さんご存知の、素晴らしい技術をお持ちの世界チャンピオン。
マッチャンとは同い年で、お互い酔っぱらって夜中に電話する仲なんです♡
サングラスをかけるとコワモテですが、
実際はとても繊細で優しくて、すごく楽しくておもしろい人です。

お菓子の講習にプラス、彼の得意技、飴細工でバイクを作ってくれました!

受講者の皆さんから大絶賛! 素晴らしい講習会でした!
マッチャン、本当にありがとう!
また 飲みに行こうね~v

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ