2011-8
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆暑い中、大盛況でした!(2011/08/01) ◆◇◆

7月12日、13日は、毎年恒例、熊本の丸菱の展示会で、
ガレット・デ・ロワのクラブで出展しました。
この暑さの中、今年も多くの皆さんがデモに集まってくださいました。
本当にありがとうございました!

今年は、寺井くん(「エーグル・ドゥース」の寺井則彦シェフ)、
紀之さん(「ノリエット」の永井紀之シェフ)に、
西野さん(「メゾン・ド・プティ・フール」の西野之朗シェフ)のいつものメンバーに、
和泉くん(和泉光一シェフ、「サロン・ド・テ・スリジェ」のシェフパティシエを経て、現在独立準備中)が参加、5人で頑張ってきました。




恒例の講習会は、今年は「フランス伝統菓子とシェフのスペシャリテ」をテーマに、
チャリティー講習会を、9月8日に大阪で、9月29日に東京で開催予定です。
参加費の一部を義援金として東日本大震災の被災地に寄付します。
どうぞふるってご参加ください。よろしくお願いいたします!

--------------------------------------------------------------------------
講習会に関する問い合わせ(ファックス・メールのみ):
 クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ事務局
 FAX: 03-6368-4856 /e-mail: club@galettedesrois.org
--------------------------------------------------------------------------


さて、ここからは、前回に引き続き、スタッフ紹介コーナーです!


岩本復活!結婚した西 実幸がパートで戻ってきて、頑張ってくれています。
OGがこうやって戻ってきてくれるのは本当に嬉しいことです!


オッパイ大好きの武田、焼き場の仕事はバッチリ真面目にやっていますよ!


一年生のマルコこと、永谷夏美も焼き場担当、仕上がったケイクを番重にしまってます。


同じく一年生の佐野(佐野拓馬)は、洗い場で銅鍋をピカピカにしています。


暑い夏を、スタッフみんなで熱く駆け抜けます!
皆様のお越しを心よりお待ちしております!


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2011-8
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆高木シェフの講習会(2011/08/15) ◆◇◆

8月2日、奈良県洋菓子協会主催で
「ル・パティシエ・タカギ」の高木康政シェフの講習会がありました。
はい、私が助手を務め、しっかりと脇を固めました!


高木は「成城マルメゾン」の後輩で、
お互いに「ホテル西洋 銀座」で仕事した経験もあります。
とにかく、長い長い付き合いで、
特に、高木が独立してからは、オーナーシェフ同士、
助け合ったり、励まし合ったり、
東京と奈良という距離感も、凹んだ時の話し相手としてはよくて、
折に触れていろいろな話をしてきました。
とにかく、高木の電話は長い!!
話上手だし、いろいろな情報を持っているので、
とてもおもしろい電話なんですけれどね!

さて、奈良県洋菓子協会の講習会には、
以前、「ノブティック」の日高さんも講師を務めてくれましたが、
マルメゾンの仲間が来てくれると、やはり私も気合いが入ります!!
奈良まで来てくれるのだから、昼も夜もいい時間を過ごしてほしいと思いますし、
参加者の皆さんにとってもいい講習会にしたいですよね。
人気者の高木シェフにバラエティーに富んだメニュー、
きっと楽しんでいただけたことと思います。

修業を始めた当時の仲間と一緒に仕事をするのはとても楽しくて、
20代の頃を懐かしく思い出しながら、
ときどきタイムスリップしたような感じがしてきます。

高木、ありがとう!&お疲れさま!
当日、ご参加の皆さん、ご協力くださった方々、お疲れさまでした!





高木らしい生菓子はやはり目を引きました。
「ソフィア」ムース・ダマスクローズ、ムース・フレーズ、パン・ドゥ・ジェンヌ、仕上げはグラサージュ。
「ソフィア」マンゴーのムース、キャラメルのムース、ビスキュイ・ダマンド、仕上げはマンゴーのナパージュ。
「シシリー」クレームブラン、バジルとオリーブオイルのトマトジュレ、ビスキュイ・ダックワーズ、仕上げはホワイトチョコレートのピストレ。
それと、「ケーク・オリーブ」、「シューペニエ」など


ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ