2011-5
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆ ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?(2011/05/01) ◆◇◆

東日本大震災で被災されました皆様にお見舞いを申しあげます。
一日も早く復興されますことを心よりお祈りいたします。

イエス・キリストの復活を祝う復活祭、イースターは、
長く厳しい冬がやっと過ぎ、春が訪れた喜びを祝うお祭りです。
パティスリーでは、卵、ニワトリ、ウサギのチョコレートやヌガーが並びます。
フランスではイースターを「パック(Paques)」といい、
お母さんが卵のショコラを庭に埋めて子供達が探すという習わしがあります。



鳥の巣を模して作るパックの伝統的なお菓子「ニ・ド・パック」。
ボワでは、卵やニワトリのムラージュのショコラを山盛りのせて、
にぎやかに楽しく仕上げてみました。かわいいでしょう?
パックもとても楽しいパティスリーの行事です。
クリスマス、バレンタイン、ガレット・デ・ロワのように、
日本でも多くの方に知られるようになってほしいなあと思っています。

そうそう、ガレット・デ・ロワのフェーヴを
アンティークな猫脚のジュエリーケースに飾ってみました!
サロンのお立ち寄りの際にはのぞいてみてくださいね。


ちょうど今頃、被災地の皆さんのもとに届けられていると思いますが、
柴田書店で活躍されているライターの横山さんから、
知り合いの落語家さんや芸人さんが石巻周辺に慰問に行かれるとのことで
フィナンシェ、マドレーヌ、チョコチップクッキーなど2000個のお菓子を
送らせていただきました。
チョコチップクッキーに使用したチョコは
チョコヴィックさんからのご厚意で提供いただきました。
「被災地支援に少しでも役立ててほしい」とおっしゃってくださった
大畑社長に感謝!です。ありがとうございました!!

チョコヴィックジャパン
 http://www.chocovic.co.jp/

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2011-5
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆ 平城京天平祭(2011/05/15) ◆◇◆

昨年、平城遷都1300年祭が催された平城京にて、
ゴールデンウイーク中に「平城京天平祭」が行われました。
奈良のいろいろなジャンルのお店が出店して、
うちも小さな屋台を出しました。




メインの商品は、カップデザート(ヴェリーヌ)。
抹茶とマンゴーの2種類を出しました。
結構評判はよかったですよ!



総勢400人の天平行列があったり、和太鼓の演奏があったり、
ほら、せんとくんも、元気にがんばっていましたよ!

* 平城京天平祭 http://www.sentosai

店では、子供の日に向けて、
「ニ・ド・パック - 子供の日バージョン-」を出しました。
かわいいでしょう?

肌寒い日もあれば、初夏を感じさせるような日もあり、
被災地の皆様をはじめ、
くれぐれもお身体に気をつけてお過ごしください。

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ