2011-4
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆ 少しでも元気になっていただければ…(2011/04/01) ◆◇◆

東北地方太平洋沖地震で被災されました皆様に
心よりのお見舞いを申しあげます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
そのご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。

3月18日には、奈良市を通して支援物資として
初めてクッキーを送らせていただきました。
のスタッフ全員で、2000枚を超えるクッキーの外袋すべてに
メッセージを書きました。
少しでも元気になってほしいという気持を伝えたいと思いました。

奈良市の姉妹都市、友好都市である福島県郡山市、宮城県多賀城市の
皆さんにクッキーが届けられるはずです。
雀の涙程度ですが、私たちの思いを託したクッキーで
少しでも元気になっていただければと祈るばかりです。

第二弾として、先日チョコレートを送らせていただきました。
われわれが今出来る事をやっていこうと思っています。





ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

2011-4
林雅彦シェフ 季節のごあいさつ

◆◇◆ 嬉しいお手紙をいただきました(2011/04/15) ◆◇◆

東日本大震災で被災されました皆様に心よりお見舞いを申しあげます。
一日も早く復興されますことをお祈りするとともに、
私たちになにができるのかと微力ながら考えてまいりたいと思います。

ここ数日はかなり大きい余震が続いているようですね。
被害が広がらないかととても心配しております。

今週火曜日まで、銀座三越に出店させていただきました。
そんな中、お運びくださいました皆様に心より御礼を申しあげます。
東京へは塩見と坂田が行って頑張ってくれていたのですが、
ちょうど大きな余震が繰り返しあってずいぶん怖い思いをしたようです。
余震には慣れている東京の人たちがあまり動じないことにも驚いたそうです。

4月20日- 26日には、泉北高島屋に出店させていただきます。
お近くにお立ち寄りの際にはぜひお運びいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日はとても嬉しい報告があります!
先日宮城県にお送りしたクッキーやチョコレートを食べた子供たちから、
お礼のお手紙が届きました!!



みんなの気持ちが届いたと思うと胸が熱くなり、涙がこみあげてきました。
泣いているスタッフもいました。
まだまだ大変な中で、苦しいことがたくさんある中で、
一生懸命書いてくれた手紙…。本当に本当にありがとうございました。

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワでも、
全国の会員から集まった焼き菓子15000個を救援物資として、
宮城県石巻市に届けることができました。
西野さん(「メゾン・ド・プティ・フール」)、紀之さん(「ノリエット」)、
井上君(「ピュイサンス、丸山君(「ル・ガリュウ」)ら総勢10人を超えるメンバーが
車に菓子を積んで運びました。
大変だっと思いますが、われわれの思いが少しでも被災地の皆様に届き、
少しでも笑顔が戻りますように!

本店、ラボでは、4月の行事菓子として
ポワソン・ダブリル、パック(復活祭)のお菓子を出しています。

写真はポワソン(魚)をかたどったパイにイチゴをたっぷり飾りました。
楽しいでしょう?
せっかくの春、少し心を軽くして、楽しんでいただけたらと思っています。

皆様のお越しを心よりお待ち申しあげております。

ガトー・ド・ボワ オーナーシェフ 林 雅彦

オーナーシェフ林雅彦  オーナーシェフ林雅彦

 

 

 

ページのトップへ